MENU

もしかして便秘!?知っておきたい便秘の症状

便秘には様々な症状があり、種類もあります。しかしまず症状として出やすいのはお腹の張りや食欲の低下、ガスの臭いです。便秘になると不必要なものが体内に排出されず留まったままになりますのでこうした不快感となって表れてきます。そして、腸の状態がよくないと体が疲れやすくなりだるくなります。また、すっきりしない状態が続くとイライラしたり精神的に不安定になりやすくなります。そして、肌荒れや吹き出物もといった症状も出てきますので、もし気になるようでしたら便秘を疑ってみましょう。女性の中にはダイエットなどで便秘の自覚症状のない方もいますので、注意が必要となります。また、便が腸内に長く留まるようですと、見えない部分での症状も出てくるようになります。腸内に悪玉菌が増えたり、血行が悪くなったり、自律神経が乱れたりもします。その結果心の症状も悪化しやすくなり他にも脂質や糖の分解、吸収などがスムーズに行われなくなり、動脈硬化や糖尿病などの生活習慣病も引き起こしやすくなりますので、便秘だと感じたらなるべく早く解消するように心がけましょう。また女性は月経前は黄体ホルモンの分泌量が増え、便秘になりやすくなります。肌にも健康にもよくありませんので普段から予防策をとることが必要となります。他にも重大な病気を引き起こしたり、隠れた病気がある場合もありますので、もし続くようであれば早めに専門家のもとへ受診することをおすすめします。腸の働きを活性化させ、便をスムーズに排出させるには普段から軽い運動をすることと、食物繊維を多めに摂取しましょう。そして、水分の量も気をつけるといいでしょう。便秘になりやすい人は水分不足である例も多く見られます。意識的に水分を摂るだけで解消した例もありますので、まずは水分の量を見直してみることをおすすめします。目安は1日1.5リットルから2リットルがいいと言われています。朝はコップ一杯の水を飲むだけでも腸の活動を促せますので水分は意識的に摂っていきましょう。

このページの先頭へ