MENU

便秘が慢性化している人の便秘解消法

毎朝朝食後に排便をして1日をスタートというのが一番よく、大腸がしっかり働いていれば習慣的にお通じがあります。良い便は柔らかいバナナ状で、排便後はおなかもすっきりして活動をはじめられるのですが、慢性的に、なかなか排便がないことに慣れてしまっている人がいます。それは、おなかがポッコリと出たり、吹き出物が出るという、見かけの問題だけではなく、体に害があります。排便は健康のために習慣づけなければなりません。便秘が慢性化してしまっている人の便秘解消の方法を一緒に考えていきましょう。

 

まずは適度に体を動かすことが大切です。ストレッチや腹筋運動、ウオーキングなどがよいです。楽しく、リラックスして体を動かすということを毎日続けましょう。適度な運動はストレス解消にも、シェイプアップにも役立ちます。そして、もうひとつ大切なのが食生活の見直しです。何がいけないのでしょうか。朝ごはんは必ず食べてますか。毎日必ず食べて、朝から腸を働かせる習慣をつけましょう。食物繊維を多く含む食品をとるのが良く、わかめ、納豆やキムチ、酢、みそ、レンコン、サツマイモ等の野菜、バナナなどの果物に食物繊維は多く含まれています。また飲み物ではたっぷりの水、おさゆ、お茶などがよいです。乳酸菌飲料、ヨーグルトも大変よく、毎日とると効果的です。体を浄化するように内側からきれいにしていくという意識を持って、あれこれ工夫しながら体調を改善していきましょう。生活習慣としては睡眠をよくとる、体を冷やさないということも便秘解消に役立ちます。それでもなかなかお通じが得られないときはお薬に頼るというのも必要です。急激に作用せず、便をゆっくり柔らかくしてくれるという、優しい便秘薬も売り出されています。小さいお子さんや妊婦さんにも使えるものもあります。市販のものを使う場合は薬剤師さんに相談しましょう。毎日お通じがあり、体がすっきりすると、心も軽やかで活動的になりますよ。

このページの先頭へ