MENU

塩水を使った便秘解消法!

便秘は誰でも起こり得る体の不調で、毎日のように出すことができずお腹が張ったり、苦しくなるなど問題が多いです。特に男性ではなく女性の大きな悩みとして挙げられ、ネットや口コミなどで言及される運動や食事を試して解消しようとする人も少なくないようです。一般的な民間療法としては、朝起きたばかりのときにコップ一杯の冷たい水を飲むというもので、冷たい感覚が胃腸を刺激して詰まった便を排泄させることができます。しかし、全ての人が有効な手段ではなく、全く効果がなかったり逆に腹を下してしまうという人もいるようです。そんな時に便利な便秘解消法が冷たい水というだけでなく、塩を溶かした塩水で押し流すというものです。便秘の原因は人によって様々ですが、最も問題となるのは便が硬くなって腸内から動かなくなってしまうことです。実際に経験した人なら分かると思いますが、便意がきたものの固くて出すのにも苦労したということがあるはずです。そのため、水分を余分に摂り、便を柔らかくして押し流すことが大切になります。単純な水では効果がなくても、ミネラル分がたっぷり詰まった塩水なら水分補給もできて一石二鳥です。便秘には専用の便秘薬を使用するという方法もありますが、無理に排泄するのではなく自然にすっきりさせたいという人は試してみましょう。塩水の作り方は非常に簡単で、水1リットルに対して天然塩を小さじ2杯程度で済みます。コップ一杯であればひとつまみで十分なので、朝起きたばかりに冷たい水を飲むときにでも塩を入れて見ると腸内の動きが活発化してお腹がすっきりするかもしれません。塩水だと塩っ辛いので飲みにくいという人はレモン汁などを入れて風味を良くすると飲みやすくなります。なかなか効果がないという人は、水をちびちびと飲んでいる可能性があるので、本当に便秘を解消したいのであれば一息に飲んでしまうようにしましょう。この方法は万人に効果があるわけではありませんが、解消できたという人も多いようです。また、塩分を摂り過ぎると体の調子が悪くなることもあるので、飲み過ぎには注意しましょう。

このページの先頭へ